僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

理解するとか受け入れるとか。

スポンサーリンク

おはようございます!

 

f:id:hara_k_03:20200408100149j:image

 

僕の平凡な日常へようこそ!☺︎

 

FtM(身体的性は女性であるが

       性自認は男性である)

 

当事者のKeiです!

 

 

僕はFtMの当事者です。

 

カミングアウトする時に

 

『理解してほしい』

 

『受け入れてほしい』

 

という言葉をよく使います。

 

『受け入れる』と『理解する』

 

ってどういう意味なんだろう?

 

と思い、日頃言っている

言葉の意味を調べてみました。

 

受け入れる...人の願いや要求を聞き入れる。

 

理解する...他人の気持ちや立場を察すること。

 

このように似ていますが意味は違ってきます。


捉え方によっては同じ意味になるじゃん!!


という方もいるかもしれませんが、
僕はそう思いません。

 

理解=受け入れる ではないと。

 

僕はカミングアウトの時に

 

「受け入れてくれなくても良いから

 FtMであることを理解してほしい」

 

と伝えることが増えました。

 

そこで、

 

「FTMであるということを理解は出来ても

   受け入れる事は出来ない。」


と、言われてもそれはそれで良いんです。

 

理解してくれるだけ有難いことだと

僕は思うからです。

 

僕自身を受け入れられないと

言われた訳ではありません。

 

それだと

何も変わらないって思う方いると思います。

 

僕も前までは

 

「理解するより受け入れてほしい

 

と言っていました。

 

当事者側は確かにそれで良いかもしれません。

 

ですが、カミングアウトされた側は?

 

理解できないまま受け入れて

一緒に過ごす中で自然に理解するのは

難しいことなのでは?

 

当事者の方に対して

『どう配慮したらいいの?』

『旅行とか会話とかどうしたらいい?』

という気持ちが芽生えると思うんです。

 

そこはしっかりと説明して

理解を求める必要があると思います。

 

お互いが理解しあい関係性を築き上げて
受け入れる事ができる。

 

受け入れる事ができないのならば
それなりの理由があると思うんです。


その人の考え方。

 

その人との関係性。


理由は様々だと思います。

 

ですが、理解してもらえた上で
受け入れてもらえたら
それに越したことはないと思います。

 

そこまでの関係性を築けるように
僕が努力するのみですね。

 

文章があやふやになってしまいましたが、、、

 

本日も読んでいただき
ありがとうございました😊

 

※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク