僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

僕自身を受け入れる難しさ。

スポンサーリンク

こんにちは!

 

僕の平凡な日常へようこそ🌞

 

f:id:hara_k_03:20200409114812j:image

FtM(身体的性は女性であるが

       性自認は男性である)

 

当事者のKeiです!

 

今回は僕が僕自身を受け入れる難しさ

について書いていきたいと思います。

 

僕はFTM当事者なわけなのですが、

 

「よし!僕はFTMと医師からの診断を受けているし

 男性として生きていくぞ!」

 

と、すぐ思えた訳ではありません。

 

これまでの記事に書いてきましたが

現在に至るまで様々な葛藤がありました。

 

1つの壁を壊せたと思ったら

もっとでっかい壁がいくつも並んでいたり

壊しても壊しても出てくる壁に

困難と感じた時もありました。

 

今も僕自身の中には

いくつもの壁が立ちはだかっています。

 

この生き方をやめてしまいたいと

思う時もありました。

でもやっぱりこの生き方でしか生きられない。

 

ブログを書いている今も

僕の心情や考えを恥じらいを捨て

全て書き出していて

なにをしているんだろう

このブログを書いてどうしたいんだろう

と思うこともありました。

 

ですが、

読んでくれている方たちが

連絡をくれたり

応援をしてくれたり

新しい繋がりもできて

ブログを始めてよかったと思います。

 

どんな困難な時も周りには応援してくれ

支えてくれる人たちが沢山います。

 

壁を壊そうと踏ん張れます。

スポンサーリンク

 

その方たちのお陰で今の僕がいると感じます。

 

本当にありがたいことです。

 

、、、お得意の話が逸れてしまいました。

 

すみません。笑

 

要するに周りの人たちのおかげで

進むことができています。

 

そして何度も書いていますが

当ブログはあくまでも僕の考えです。


他のLGBTQ当事者の方が
僕と同じ考え方をしている訳ではありません。


LGBTQ当事者の方の中でも考え方は様々です。

 

ここでは

僕なりに感じたことを書いてるだけです。

 

そこで共感や批判が生まれることもあると思います。

LGBTQ当事者の全ての方に

当てはまることではございませんので
心に留めていただけるとと思います。

 

皆様にとって僕のブログを読む時間が
有意義な物になりますよう
より一層頑張りたいと思いますので
これからも宜しくお願い致します。

 

本日も読んでいただきありがとうございました😊

 

※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク