僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

そもそも性別と恋愛は別物じゃない?

スポンサーリンク

こんにちは!

 

f:id:hara_k_03:20200411145301j:image

 

僕の平凡な日常へようこそ☺

 

FTM(身体的性は女性であるが

       性自認は男性である)

 

当事者のKeiです!

 

本日は恋愛と性別はそもそも関係あるのか

という僕の中での疑問がだいぶ前から

生まれているので書いていきます✋

 

恋愛というものがどういう意味かを

調べました(お得意の意味調べ)

 

恋愛…男女が互いに相手を恋い慕うこと。

 

だそうです。

 

男女じゃなければ恋愛は出来ないのですか。

 

だとしても男とか女とかっていう基準は

誰が決めるんでしょうか。

 

なんで恋愛と性別がセットになるのか...

 

恋愛に代わる言葉を考えたい次第です。

 

人が人を好きになるだけの話なのに

そこに性別っているんですかね。

 

性別のないナメクジになりたいな。笑

 

という僕の心の声は置いておいて

 

ある方がLGBTQへの支援について

 

「彼ら彼女らは子どもを作らない

 つまり『生産性』がない

 そこに税金を投入することが果たしていいのか」

スポンサーリンク

 

と、述べたそうです。

 

子どもを作らない=生産性がない。

 

という風な考えになってしまうのは

本当に驚きました。

 

そもそも子どもを作るとか作らないとか
言葉が正しいのか
僕は分かりませんが
その方の言い方に
合わせて言うのであれば

 

FTM当事者の僕の場合

作らないのではなく

作れないのが現状なわけです。

 

先ほどの生産性がないと

同じような発言をする方を

たまに見かけますが

LGBTQのことについて発言するのならば

せめて少し理解をしたうえで

発言をしていただきたいと思います。

 

それでそういった発言が

出来るのならばすごいなと思います。

 

人が人を好きになる。

 

それだけなのに過敏になりすぎている。

 

なにか周りに悪影響を及ぼしてますか?

 

なぜ結婚する権利すらも与えてくれないのですか?

 

なぜ手を繋ぐだけで周りからの視線が集まるのですか?

 

家族になりたくてもなれないことから

パートナーの養子になる方もいます。

 

数年前まではパートナーの病院の面会も

病状説明すらも許されなかったのです。

 

色々と変わってきてはいますが

まだまだ生きづらいと

あくまでも僕は感じてしまいます。

 

出来ることから行動をしていかなければ

訴えていかなければなにも変えてくれません。

 

今回も文章があやふやになって

話が脱線してしまいましたが

読んでいただきありがとうございました

 

 ※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。
 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク