僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

僕が診断書を取得した時の話。

スポンサーリンク

おはようございます!

f:id:hara_k_03:20200415133136j:image

僕の平凡な日常へようこそ☺

FTM(身体的性は女性であるが
       性自認は男性である)

当事者のKeiです!

 

本日は僕がFTMであるという診断書を

取得した時の話について書きたいと思います!

 

まず、FTMであるという診断書を取得するには

医師の診断が必要となります。

 

取得するまでにかかる時間は

クリニックによって異なります。

 

1日で取得できるクリニックもありますし、

半年~数年カウンセリングに通わなければ

診断書が取得できないクリニックもあります。

 

僕は1日で取得することが出来る

東京都の高田馬場にある

「早稲田通り心のクリニック」

というクリニックで診断書を取得しました。

 

通学路であり通いやすく

時間をかけたくない。

という面から決めました。

 

まず、初診の場合は予約が必要なので

クリニックへ電話をして予約を取りました。

 

最後に受付の方から

自分史を書いて持参してください。」

というお言葉がありました。

 

自分史というのは、

何歳頃から性別違和を感じるようになったか

幼い頃から今までどんな過ごし方をしてきたか

などを書いたものになります。

後ほどの記事で詳しく書きます。

 

スポンサーリンク

 

そしていよいよ初診当日。

 

自分史を完成させて

ドキドキしながらクリニックに行き

受付を済ませて待合室で待っていると

僕の名前が呼ばれて診察室へ。

 

まず、自分史を先生へ渡して

読んでいただきました。

 

読み終えて自分史の内容と

僕の意志を確認されて

その後にガイドラインを

先生と一緒に確認しました。

 

最後に

 

「次に会うのは性別適合手術を終えてからだね。」

 

と、笑顔でお言葉をいただきました。

 

カウンセリングの時間は

15~25分くらいだったと思います。

 

待合室に戻り受付の方から

お会計と同時に診断書を受け取りました。

 

診断書を取得するための値段は
7000円くらいだった気がします。

そこらへんは数年前のことで曖昧なので
診断書の取得を考えている方は
直接お問い合わせしてみてください。

 

診断書を茶封筒から出し

確認したときはとても嬉しかったです。

 

嬉しかったと同時にこれからが
スタートであると感じました。

 

焦らずに僕のペースで頑張ろうと

思いました☺

 

以上、僕が診断書取得をした時の話でした!

 

本日はここら辺で失礼します!

 

本日も読んで頂き有難うございました🙇🏻‍♂️

 

 ※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

※リクエストや相談や質問などありましたら随時受け付けております!

お気軽に問い合わせフォームやTwitterやインスタグラムへ🙋🏻‍♂️</p >

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク