僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

僕が誰かを羨む気持ち。

スポンサーリンク

こんにちは!🌞

 

f:id:hara_k_03:20200427165551j:image

 

僕の平凡な日常へようこそ!

 

FTM(身体的性は女性だが

      性自認は男性である)

 

当事者のKeiです☺

 

本日は

僕が誰かを羨む思う気持ち

について書きたいと思います!

 

僕はFTM当事者であり

男性の方がすごく羨ましかった

時期があります。

 

身長が高いのも声が低いのも

女性が好きと堂々と言えることも

色んな事が羨ましかったです。

 

そして、治療や手術をし始める

周りの方と僕を比べて焦り始めて

当時の僕は僕自身のことを

コンプレックスに思いました。

 

そこで、インヒールを履いて

身長を盛ってみたり。

 

治療をする前は声を

わざと低く出してみたり。

 

インヒールに関しては正直

めちゃ疲れたので1回でやめました。笑

 

スポンサーリンク

 

『男性を意識して生活するのって

   すごい気疲れするし息苦しすぎないか。』

 

『治療とか手術とか周りを見て

 焦ってするものなのか?』

 

『男性らしいとかなんだろう。

   僕が、1番の偏見の持ち主なのでは?』

 

『FtM当事者であり

   自身のことを男性と自認していおり

   戸籍変更をする為の手術や治療を

   したいとは思っています。

 ですが、世間一般でいう

 男性らしくいる必要はあるのか?』

 

と、思うようになりました。

 

僕は僕でいようと決めました。

 

筋肉をつけたい僕がいるのなら

筋トレをしますし

髪を長くしたい僕がいるのなら

髪を伸ばします。

メイクをしたい僕がいるのなら

メイクをします。

 

そこに他人からの

『女らしいからやめなよ。』

『男らしいからやめなよ。』

なんて意見はいらないと

僕は思っています。

 

服装だってそうです。

制服で例えさせていただくと

最近は時代の流れから

選択出来る学校もありますが、

男子はネクタイとズボンで

女子はリボンとスカート

なんていうのが世間的には

常識でしたよね。

 

そんなのが常識であったから

 

『ネクタイとズボンを着用していれば男。

   リボンとスカートを着用していれば女。

   女なのにスカートじゃないのがおかしい。

 男なのにリボンつけてるのおかしい。』

 

と、思い始める人は必然的に出てくるし

それが多数になればなるほど

『おかしい』と思うのが常識の

世の中になってしまいます。

 

誰が何を着てたっていいじゃないですか!

そう思うあなたになにか支障がありますか?

 

と、僕は問いかけたいです。

 

皆さんが自分らしく生きられる

世の中になりますように🌈

 

またまた、話が脱線してしまいましたが

本日はここら辺で失礼します🙇🏻‍♂️

 

本日も読んでいただきありがとうございました🌞

 

※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

※リクエストや相談や質問などありましたら随時受け付けております!

お気軽に問い合わせフォームやTwitterやインスタグラムへ🙋🏻‍♂️

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク