僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

僕の男性ホルモン療法について。

スポンサーリンク

こんにちは!

 

f:id:hara_k_03:20200502220548j:image

 

FTM(身体的性は女性であるが

       性自認は男性である)

 

当事者のKeiです☺

 

本日は

僕がしている男性ホルモン療法について

書きたいと思います!

 

なぜ、男性ホルモン療法をしているかは

こちらの記事で書いているので

是非、ご覧ください!

www.keilife39.info

 

それでは、本題に入ります!

 

僕は上記の記事のように

男性ホルモン療法をしているのですが、

その中でも様々な種類があります。

 

・テストステロン筋肉注射(125㎎~250㎎)

これは僕が普段打っている注射(125㎎)です!

短期型で男性ホルモン濃度に波があります。

短期型では2~3週間ごとに

自身の身体のリズムに合わせて

注射を打たなければなりません。

2~3日でピークまで上がり

そのあとは徐々に下がっていきます。

打ち始めは中々気持ちの面が安定せず

気分が高揚したと思ったら下がったり

だったのを覚えています。

値段は僕の通っているクリニックでは

125㎎で1500円

250㎎で3000円

でした。

 

スポンサーリンク

 ・ネビド(長期持続型)

ネビドは長期持続型の男性ホルモンです。

これも注射で1回で2箇所打つそうです。

この長期型というのは

半年ほど効果が持続するそうで

短期持続型とは違い

男性ホルモン濃度が安定し

波が少ないです。

半年ほど持続するので

通院することが厳しい方などに

オススメされているそうです。

ですが値段がグッとあがり

僕の通っているクリニックでは

1回で28000円でした。

 

・男性ホルモン塗り薬(グローミン)

僕は最近この塗り薬を購入しました!

コロナで休診となった時のために…。

この男性ホルモン塗り薬は

グローミンといいます。

皮ふから吸収され血液を通し

体内にめぐり最後に肝臓で

分解されます。

毎日少しずつ塗ることで

自然な形で男性ホルモンが補充され

体に負担が少ないです。

デメリットとして

生理が止まらないケースもある

男性化が注射よりも遅いということが

あげられています。

僕の通っているクリニックでは

値段は10gで3300円でした。

後から楽天などで調べた結果

通販などでも買えました…💦

【★期間限定★ポイント5倍&クーポン発行中!】【第1類医薬品】【メール便発送可能!】グローミン 10g■【第1類医薬品の使用について要承諾】

価格:2,660円
(2020/5/2 21:55時点)
感想(0件)

・その他

 このほかに飲み薬もあるそうですが

まず、肝臓で分解されてから

体内中を巡るそうです。

そうなると、

肝臓への負担も大きい上に

分解されてしまうので効果が

みられにくいということから

あまりお勧めはされませんでした。

 

本日は僕がしているホルモン療法や

その種類についてまとめさせていただきました!

 

初めて目次を使ってみましたが

どうでしたでしょうか?

 

それでは本日はここら辺で失礼します!

 

本日も読んでいただきありがとうございました🌞

 

※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

※リクエストや相談や質問などありましたら随時受け付けております!

お気軽に問い合わせフォームやTwitterやインスタグラムへ🙋🏻‍♂️

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク