僕の平凡な日常。

1999年1月生まれのFtM当事者のKeiです。将来保育士を目指している保育学生です。LGBTQ関連の話や僕の治療の話、日常生活、保育学生としてのことを記したいと思います☺︎空き時間などにご気軽に覗いてくれると嬉しいです。質問も受け付けてますのでお待ちしてます。

スポンサーリンク

児童養護施設でのLGBTQ事情について僕が感じること。

スポンサーリンク

おはようございます!

 

f:id:hara_k_03:20200505103137j:image

 

僕の平凡な日常へようこそ☺

 

FTM(身体的性は女性だが

       性自認は男性である)

当事者のKeiです!

 

本日は、児童養護施設での

LGBTQ事情について僕が感じること。

を書きたいと思います。

 

 

・児童養護施設とはなにか?

児童養護施設について

簡潔に説明させていただきます。

 

家庭の経済的な理由や

虐待などその他の様々な理由で

保護者と生活することが厳しく

サポートが必要である児童が

入所する施設です。

 

スポンサーリンク

 

・児童養護施設の現状

LGBTQ当事者の児童って施設にいるの?

と、思う方いると思います。

 

もちろん、います。

 

ですが、LGBTQ当事者と知った

施設側の対応はどの様なものなのか。

 

LGBTQ当事者であるからと言って

入所する前に施設側から

断られることもあるそうです。

 

入所を認められても

その後、寮や部屋の割り振りや

職員の配置の要求には応えられるか

不安であるという

施設側の気持ちもあるそうです。

 

また、職員の知識が不足していることから

児童への配慮の仕方が分からない。

対応することが出来ない。

といったようなこともあるそうです。

 

スポンサーリンク

 

・僕の気持ち

LGBTQ当事者であることから

断られてしまうことも

あるんだと思いました。


入所後の寮や部屋の割り振りに関しては
性に伴う問題が起きてしまったらと
悩むと思います。

 

複雑な問題を抱えてきた
子ども達です。

施設側はお子さんを預かり
保護している立場です。

何かあってからでは遅いでしょう。

そんなようなことを考えたら
素直に寮や部屋の割り振りなどの
要求に応えるのは難しいところで
あると僕は思います。

 

でも子どもの要求に応えることが

出来なかったら子どもたちの気持ちは

どうなってしまうのでしょうか。

 

本当に難しい問題であると感じます。

 

ですが、なんとかして

子ども達が子ども達らしく

過ごせるような支援を出来ればと

思います!

スポンサーリンク

 

それでは、本日はここら辺で失礼します☺

 

本日も読んでいただきありがとうございました🌞

 

※当ブログはあくまでも性的マイノリティ(FtM)当事者である僕の経験や感じたこと、考えを書いていきます。ですが、性的マイノリティ当事者の皆様が僕と同じ考え方をしているというわけではございません。頭の隅にでも入れながら読んで頂けると有り難いです🙇🏻‍♂️宜しくお願い致します。

 

※リクエストや相談や質問などありましたら随時受け付けております!

お気軽に問い合わせフォームやTwitterやインスタグラムへ🙋🏻‍♂️

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク